神奈川県、東京都でクリーニング店を展開中!

和光・たまがわグループ
ホーム > メニュー > ワイシャツ
MENU

ワイシャツ

ワイシャツ

クリーニングWAKOの
温水洗いワイシャツ

クリーニング店で一番ご注文を受けるのが「ワイシャツ」
【ワイシャツの仕上がり=クリーニング店の質】とも言われます。
当社では40年以上の経験をもとに、
ワイシャツ洗いには特にこだわってきました。
お客様に喜んでいただけるワイシャツ洗いのひみつをご紹介しましょう。

Special01

40℃の温水洗いなので、汚れ落ち抜群

温水で洗う理由はいくつかあります。まず、冷水では皮脂汚れを十分に落としきれないということです。皮脂汚れは40℃近い温度になると液体に変わるので、温水を使って皮脂汚れを落ちやすい環境にしていきます。さらに、洗剤の効力を発揮するのには、60℃以上の温水を使うのが望ましいのですが、60℃以上で洗ってしまうと、ワイシャツが縮んでしまう恐れが出てきます。洗剤の効力も発揮し、ワイシャツにも優しい40℃の温水で洗うようにこだわっています。

40℃の温水洗いなので、汚れ落ち抜群

Special02

洗うたびにしなやかさUP
天然のり&シリコン配合の柔軟剤を使用

コーンスターチという口にしても害のない天然素材を使用しています。化学のりの方が扱い方が楽で効率的ですが、当社は効率が悪くても天然のりで仕上げていきます。天然のりは化学のりに比べて、洗って落ちやすいという利点があります。ワイシャツをクリーニングすると、表面にコーティングされたのりが着用時の汚れとともに落ちます。常連のお客様のワイシャツを何回も洗っていくと、天然のりの方がお品物の素材に優しく、汚れ落ちも良くなってきます。直接肌に触れるワイシャツですので、天然素材の方がお客様の身体にも優しく、安心感もあります。シリコン剤配合の柔軟剤が、ワイシャツにしなやかさ、なめらかさを加えます。

洗うたびにしなやかさUP天然のり&シリコン配合の柔軟剤を使用

Special03

家庭のアイロンではできない
前立て「しっかり」プレス

当社では、前立て(シャツのボタン部分)を重点的に機械プレスしていきます。ワイシャツを温水洗いすることによって、わずかではありますが前立ての箇所が縮んでしまうからです。そのため、前立てを機械でプレスし、しっかり伸ばしていきます。高温に弱い形状記憶シャツの場合であっても、この前立てのプレスが非常に有効的です。

家庭のアイロンではできない前立て「しっかり」プレス

Special04

ボタン取れていたら、無料で取付!

ボタンが壊れていたり、取れていたら、無料で取り付けるサービスをしています。ワイシャツに付属した予備のボタンがある場合は、予備のボタンをつけさせていただきます。予備のボタンがない場合は、当社が常時用意している約10種類のボタンの中から、類似のボタンをつけるようにしています。単身で裁縫する機会が少ないサラリーマンの方や裁縫が苦手な奥様方などにご好評いただいているサービスです。取れかかったボタンや取れてしまったボタンの修理も行いますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

ボタン取れていたら、無料で取付!

Special05

襟のつぶれにくい高級ハンガーを使用

クローゼットの中がギュウギュウ詰めになってワイシャツを圧迫したとしても、「襟がつぶれない」ハンガーを使用しています。クリーニング店用としては原価が高いハンガーですが、ジャケットからのぞかせるワイシャツのVゾーンをきれいにみせてこそ、サービスの価値があると考え、一流メーカー製ハンガーを採用しています。

襟のつぶれにくい高級ハンガーを使用

和光・たまがわグループ

<本社>
〒215-0011
神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-16

<代表番号>
044(955)7700

<運営事務局>
0120(949)408